未納トラブルを解決|入居者を集めて高い収益を狙う方法|海外不動産の運用

入居者を集めて高い収益を狙う方法|海外不動産の運用

レディー

未納トラブルを解決

マンション

家主にとって困ってしまうのが、未払い家賃の回収、部屋を退去させる際の請求書作成など色々な作業があるためです。個人で賃貸を行なっていると、未払い家賃は家主が回収を行なわなければいけません。そのため、支払いを拒む人や居留守を使ってしまう人などがおり家賃の回収が難しいと考える家主は多いでしょう。さらに、部屋をする人が長期間に渡って家賃の未納となった時は、明け渡し請求書を家主は発行しなければいけません。ですが、明け渡し請求書の発行のしかたがわかならい家主にとっては、困ってしまうことが多いでしょう。明け渡し請求書とは、一般的には立ち退き請求のことを指します。明け渡し請求書の発行をする時は、法的な請求書を作成しなければ賃貸未納者を立ち退きさせることができないのです。このような時は、不動産会社の家賃保証制度を契約しておくとよいでしょう。家賃保証制度とは、家主の変わりに未払い家賃の回収を行なってもらうことができます。さらに、明け渡し請求書の作成も不動産会社が行なってくれるのです。

家主は、不動産会社と家賃保証の契約を行なえば、色々なサービスを受けられるようになります。家賃保証契約には、賃貸の部屋が空室状況であっても、家主に料金を支払う制度となっています。さらに、賃貸紹介や家賃の見直しも全て、不動産会社に任せることができるのです。ですから、家主は、全てを不動産会社に任せ、利回りだけを考えればよいのです。